ジェットスターの受託手荷物

格安航空券で国内旅行をするときにLCC(格安航空会社)を使うことがあるでしょう。旅慣れていない人は格安航空券を購入したつもりでも格安でないこともあります。それは追加料金がかかるからです。比較サイトを利用した場合でも、これらはプラスして考えないと損をします。この記事では【ジェットスターの受託手荷物】について詳しく解説します。

受託手荷物の重量制限

機内に預ける手荷物でスーツケース類です。チェックインカウンターで預けます。乗客1人あたり機内に預けることができる重さは最大で40キログラムです。そして、1つあたりの最大重量は32キロに制限されています。
これは一人の乗客が20キログラムの荷物ふたつは預けることができます。
しかし、33キロと7キロの荷物を預けることはできません。

そして運賃タイプによって受託手荷物の重量枠が決まっています。スターターの場合は0キログラム・スタータープラスは10キログラム・スターターマックスで30キログラム・ビジネスで30キログラム・ビジネスマックスで30キログラムです。
つまり、最も安いスターターのチケットは安いかもしれませんが、受託手荷物は含まれません。荷物を飛行機に預けたいならば追加料金が必要です。

重量枠は航空券を予約したときに一緒に購入するのが一番安い!

一番安いスターター運賃は、機内手荷物だけの場合は安いですが、そうじゃないならば損をします。
チェックインのときにもしも預けるならば重量枠を別途購入しなければなりません。

最少の重量枠は15キログラムです。それ以降5キログラムで最大は40キログラムです。ですが、予約したときよりも空港スタッフの手間がかかるので割高な料金の設定になります。個数に関しては制限はありません。
受託手荷物の場合は機内持ち込みと違って制限はありません。
しかし、自転車やサーフボードの場合は2.77メートル以内になっています。ジェットスターを使う場合は、事前にどれだけの荷物を持っていくのかを計っておかなければならないのでとても面倒です。

いかがでしたでしょうか?

ジェットスターの受託手荷物についてご説明しました。手荷物といってもこんな風なルールがあります。
一概に運賃だけの比較ではいけないことがご理解いただけたと思います。
機内持ち込み手荷物が多い場合は日本航空や全日空など大手航空会社を利用したほうが良いかもしれません。

最近は早割運賃で安くなっています。また格安ツアーも視野にいれて、トータルコストで比較しましょう。
ホテルとセットになった旅行の場合は案外と格安航空会社(LCC)のほうが割高になることもあります。
LCCだから安いだろう……そんな先入観を持ってしまうのは危険です。
比較サイトを参考にするのはいいですが、最終的には自分の荷物などの条件もチェックするのが旅の達人です。

更新情報